忍者ブログ

【About Me】

liamまたはカサハラヒデツグ VOCALOIDを使ったり使わなかったりしながら音楽制作中。自主レーベル「No Money No Honey」主宰。出自の違うキャッチーなもの同士が結び付いたときに生じる歪みが好きです。


(New!)
HP作りました。アルバム通販やお知らせ、制作依頼などについては、こちらからどうぞ。
No Money No Honey - KASAHARA Hidetsugu

音源であるとか
SoundCloud
YouTube
niconico douga
piapro

関連であるとか
twitter
tumblr

連絡先とか
E-Mail
※お手数ですが「____」をあれだよねーという文字に変えて下さい。

【Information】

(2012.4.28)
・2nd solo album with VOCALOID「Bedroom Pop N' Roll」Out Now!
■自家通販やってます。
詳しくは→アルバム詳細ページ

アクセス解析

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「サウンドカフェ・ズミ」

セッション仲間のTくんの誘いで、「サウンドカフェ・ズミ」という、ものすごく乱暴に言うと“ジャズを中心とした即興音楽のレコードを良い音で聴かせてくれるカフェ”へ行ってきました。多少聴きはするもののジャズ門外漢。のおれとしては、キーワードの一つ一つに軽くびびりながら入店したのですが、博識かつフレンドリーな店主の泉さんは、僕の(ジャズファンにとっては)あほみたいな質問にも話をあっちゃこっちゃに飛ばしながら丁寧かつ楽しそうに答えて下さったので非常に有難かった&楽しかったです。

うっかり「音楽…」とか口を滑らせた食品卸か何かの営業と思しき兄ちゃんにジョン・ケージを熱く語り、結果兄ちゃんドン引きしながらも愛想笑い。というのは非常に美しい構図でした。誘ってくれたTくんありがとう。

で、すげー今更ですが11/30に「THE VOC@LOID M@STER」というイベントに行ってきました。参加層の見えなさに不安を覚えつつも、恥ずかしいから書かないけどちょっとした目的があったこと、そして「違和感のある場所に行けば面白いことが起こる確率が高い」という大好きな吉野朔実のマンガの台詞、この二つに支えられながら旅立ったおれ。電車で。結果、おなか一杯になるほど色々な人に出会うことができ、おれ的大収穫祭、な感じでした。ボカロのイベントに行ってボカロ関係ない曲を作るモチベーションをもらってくるのは我ながらどうかと思うけどさ。
今は自分用のインスト曲と友達と演る用のエレクトロなトラックを2本立てで作ってます。中身の割りに首を捻ってる時間が長いので、もうちょっとおりゃー!どっせーい!みたいな感じでトラックをガシガシ埋めていきたいです。

久々に書くと長い。
PR

Comments

違和感か。

Posted by キリン  2008/12/12(Fri) 08:23:29 EDIT

「違和感のある場所に行けば面白いことが起こる確率が高い」このセリフ興味深い。
でも、このイベントに俺が行ったら宇宙に行った気分になるんだろうな。(笑)

無題

Posted by l.i.a.m.  2008/12/12(Fri) 16:31:03 EDIT

吉野朔実マンガは、富野由悠季のごとく
ステキ台詞のオンパレードです。

宇宙に行く気分もいいものさ!

Comment Form






【Calendar】

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31